<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「黒い」「うそだよ」








「黒い」は30日の土曜日までやっています。
色んな方に来ていただいて非常に嬉しい。
来た人とはなるべく作品の話をしたいと思っているので初対面の人でもどんどん話しかけてください。叱咤を。
海外の方が多く来るんですが、案外話が通じてびっくりです。勢いって大切だと実感。
巨大なハルヒがなかなか好評です。

最終日の土曜日は片づけや壁に書いた絵を消す作業と重なるので駆け込みで来てくれる方は注意かもです。

デザインフェスタギャラリー
http://www.designfesta.com/

"黒い"
http://designfesta.com/jp/topics/blog_new/archives/2007/06/post_599.php

06/25/2007 - KUROI!
http://www.designfesta.com/02_en/blog/?p=858

■紹介したい情報が山ほどたまっているけどこれだけお勧めをとりあえず。

「うそだよ」
http://www35.atwiki.jp/4komaa/?page=%E4%BD%9C%E5%93%811

ねぎ姉さんを彷彿とさせるようなシュールさと、極端にやる気のなさそうな線がすごい。
自分の描くキャラと似ているのもあってすごいシンパシーを感じる。
ネット漫画なので左から右へ読む。

■仮装大賞の超凄い作品「僕の彼女が怒った理由」
http://warach.blog55.fc2.com/blog-entry-1438.html

ビデオの早回しや逆再生をすべて身体表現でやっている。もっと評価されるべき。

■ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070526_music_storage_illegal/

今回の展示の自分の作品とリンクする部分があるのでメモとして。

■アートで候
http://www.ueno-mori.org/special/aida_yamaguchi/index.html

会田誠山口晃の展示を見てきた。
色々と思うところはあったけどとりあえず一番印象的だったのは会田誠の「滝の絵」に描かれているスクール水着を着た女の子達の名前が高峰 青山 河上 森 小沢 小早川 滝口 谷 若林 清水 緑川 岩淵 魚住 奥村 瀧澤 深瀬だったことで、この苗字の厳選さが「いかにも」で改めて感心した。変態。

■原宿から鷹の台に帰る時お金と睡眠時間を節約するために西武新宿線を使う。JRから西部新宿までは少し歩くのだがその道が浪人時代に良く歩いていた道なので無駄に郷愁を誘うから困る。アルタの横の果物屋から抜ける通りではたまに乞食の連中がかき集めた漫画や文庫やエロ本やライトノベルを格安で売っていて、そこでよく物色をする。この小汚い本市場における値段のヒエラルキーは通常の価値観と明らかに異なっており、エロ本が一番上でその他は軒並み100円という明快なコンセプトを持っているから良質な中身で外見が汚い文庫や漫画がけっこう見つかる。今日はあさりよしとお宇宙家族カールビンソンの文庫版一巻~四巻を400円で手に入れられた。あさりよしとおはエヴァサキエルをデザインしていたり、学研漫画で多くの人の幼年期にちょっと異質なイメージを刷り込ませたりしていたりもしつつ、マイナーで当然みたいな気質と親しみやすいシンプルな絵柄を併せ持つおもしろい漫画家です。あと「6年の科学」とかで連載していたくせに変態。実験キットが毎月楽しみだったなー

あさりよしとおのマニアックさは異常
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/50603629.html

■明日デュマスを見に行く。
評判と概要を聞く限りでは必修のにおいがぷんぷんする展示なので。
[PR]
by umelabo | 2007-06-29 03:03
絵の展示の告知など





グループ展を行います。

「黒い」
デザインフェスタギャラリー 1のF
6/25(Mon)~6/30(Sat)
11:00~20:00  地図

基本月曜日からだけど日曜日も準備していて壁に絵を書いている様子などが見られるので日曜日に来ても面白いかもしれません。本人もいます。予定が未定なので確実とは言えませんが月曜日と火曜日の午後、水曜日の午前、木曜日の午前、金曜日と土曜日の一日中は居ます。話しかけてくれればいくらでも話すので興味のある方はお声をおかけくださいませ。
ドローイング、落書きのような絵を最近ずっと描いています。ネットやデジタルに関連したテーマがあるといえばあるのですがそんなことは関係なしに見たとおりの感想をくれたら一番嬉しいです。エロいねとか。気になる人はなんでこういう形になったのとか詳しく聞いてください。
他の方もモノクロのちょっとエロい面白い写真とかかわいい女の子の絵の出力したのとか明らかにカオスな絵とかノイズとか色々です。
個人的に今回の展示は卒業制作に向けたエスキースとしての意味合いがあるのですがどのような展示もある方向に向かっている過程の一部分をこっそり見せるという意味合いは含んでいると思うので特殊というよりかはそういった過程に対して意識的という側面が強いだけであって云々

■先日オープンキャンパスで自分の作品(眼が生る)を出品する機会がありました。自分の所属ゼミが提唱している「映像表現と映像技術でしかあらわせない現象を主題とした映像の新領域」である「イメージフェノメナン」の毎年行っている展示で、講義に使われる教室の中にスクリーンを九面設置して空間を変質されるダイナミックな出し物で、毎年やっていて今年は三年目になります。



入学した当時くらいにこの九面スクリーンの展示を見てわけもわからずすげーなーと思っていたのだけど平面の映像と五面と四面の間にある立体的な空間の関係と、普段教室で座ってみている方向と180度向きが変えられている視覚の方向の転換の問題と、「上昇性と拡散性」から来る空間自体が風景を見る環境の見立てになっている事などは意識できていなかった。それで色々勉強してそういった事を意識した四年生になった今この形態の展示に挑んだのだけどとても失敗をして胸を張って見せられるものを提示できなかったのがとても悔しかった。わりと細かいアニメーションなのに時間軸のスピードを速めたから画面の中で何が起こっているのか把握できないし、動きの中心となっている真ん中のスクリーンは後ろの方にあるから益々細かいところが見えなくってあとトリミングして細部を見せるやり方も時間がなくって中途半端で見に来てくれた方々に本当に申し訳ない。多分この映像展示形態でこの作品をちゃんと見せるためにはもっと他の編集方法があったし可能ではあったんだろうけど今回はとにかく失敗した。アニメをやりつつ空間を使った見せ方に憧れ続けて進級制作でもそういう見せ方をしたんだけど色々失敗して、なんだか空間空間言っているけどまったくレベルが伸びていないなー。もうきっぱり上映で見せたほうがいいんだろうか。というか上映で見てほしい、と今回思ってしまった。今度、八月くらいに銀座らへんのギャラリーで「眼が生る」を上映する機会に恵まれたのでもし九面を見てくれて物足りなさを感じた人は是非そちらに足を運んでいただきたい。やはり卒業制作はアニメーションになりそうだ。
[PR]
by umelabo | 2007-06-21 02:12


梅ラボ(http://umelabo.info/)のブログ跡地 現行はhttp://d.hatena.ne.jp/umelabo/
by umelabo
以前の記事
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
narutoネタバレ
from narutoネタバレ
ウッドデッキを支える基礎..
from 生活の便利情報
http://blogj..
from 株式入門者儲け方
http://blogj..
from 株式入門儲ける方法
Wii『オプーナ』
from 任天堂で遊びましょ!!WII..
小説の書き方
from 小説の書き方 小説の書き方を..
Ashes and Snow
from Jブロードウェイ・ブログ
宇宙人 写真
from あたしのおススメNEWS
山形県amラジオ局
from 山形県amラジオ局情報
東根市旅館
from 東根市旅館案内
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧