レールはおれのふるさとあるいはカタパルトだ
中村宏「図画事件」
http://zugajiken.jp/

東京都現代美術館へ。目当ての展示以外にも企画展と常設展がそれぞれやっていて計三つ見てた。大竹伸朗の時も思ったけど広いうえに量が多いから体力を使った。そしてそれ以上に収穫があったので非常に満足。

中村宏という画家はほとんど知らなかったのだけどそのイメージの力にはひたすら驚かされた。自分の生まれる前にこんなに何かに執着する心を持った人がいたとは。彼がひたすら執着するのは「機関車」や「女学生」で、たびたび絵の中にもそのモチーフが登場するのだがその執着心が異常で、大作である「円環列車・Aー望遠鏡列車」に居るスカートが下着に挟まっている女学生などからは愛ともアイロニーともつかない変質的な捻じ曲がった何かを感じた。構図も捻じ曲がっているし、本当に力強い。時代が現代に近づくにつれてフレームやイメージを冷静に見つめるような実験的作品が増えていくのだけど、その確信的に増殖されたイメージの渦の中にもちょこんとセーラー服が居たりするのだからとても可笑しい。機関車にたいする情熱も異常で、参考展示してあった雑誌の一部に「レールはおれのふるさとあるいはカタパルトだ」「機械は自然を覚醒的にとらえた模型」「レールは地平線のアナロジー」などの押井学にも負けないくらい素晴らしい名言がたくさんあってただただ感動した。今は造形で客員教授をやってるらしい。

「等身大の約束」という新鋭作家五人による企画展では中山ダイスケという人の作品群が一番良かった。企画の意図を一番理解しているし、何より作品同士の配置やバランスが格好よかった。しばたゆりさんは物質に対しての考察がちょっと怖いくらい深くて、表現者として考えさせられたが、実際あったら怖そうだ。

結局カタログみたいなの二つとも買ってしまった。
[PR]
# by umelabo | 2007-02-21 11:44


梅ラボ(http://umelabo.info/)のブログ跡地 現行はhttp://d.hatena.ne.jp/umelabo/
by umelabo
以前の記事
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
最新のトラックバック
narutoネタバレ
from narutoネタバレ
ウッドデッキを支える基礎..
from 生活の便利情報
http://blogj..
from 株式入門者儲け方
http://blogj..
from 株式入門儲ける方法
Wii『オプーナ』
from 任天堂で遊びましょ!!WII..
小説の書き方
from 小説の書き方 小説の書き方を..
Ashes and Snow
from Jブロードウェイ・ブログ
宇宙人 写真
from あたしのおススメNEWS
山形県amラジオ局
from 山形県amラジオ局情報
東根市旅館
from 東根市旅館案内
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧